公開日:2008/04/01

『旺文社・英検CAT』を活用した学習支援

「認めること」が、次につながる

25-1.jpg
普通科Advanced Course(特進)1年生 (生徒数:10名)

東京都小平市にある嘉悦大学において、英語の成績上位者に対する表彰式が行われた。 会場である嘉悦ホールに集まったのは、2007年度入学者で英語を選択した210名全員。 受賞者として名前を呼ばれた学生たちは、はにかんだ笑顔で次々に壇上へ上がっていった。

「新入生には、まず総合的な英語力を身につけてほしい」と、高野先生は語る。就職や留学など、学生の将来を見据えた英語力の礎をつくるために、同大学の英語教育は先ず、高校までに学んだことを振り返るところから始めている。指導にあたるのは、高野先生を中心に、4名の若手日本人講師と、4名の外国人講師だ。

25-2.jpg
旺文社賞を授与される学生たち

今回の表彰に際しては、『旺文社・英検CAT』の学習結果が独自の基準で数値化され、各クラスから成績上位者(3~6名)が対象者として選ばれた。"語いクイズ"ではチャレンジしている級とその級における正答率を考慮したり、『旺文社・英検CAT』へのアクセス数も得点として加えたりするなど、成績と学習意欲の両面から評価しているのが特徴だ。

「これから名前を呼ばれるのは、"もともとの実力に加え、さらに英語力を伸ばすことに力を入れたこと"、あるいは、"弱点克服に向けて、積極的に努力したこと"が評価された人たちです」。高野先生から受賞理由が説明された後、顕著な学習成果が観られた学生には旺文社賞として『旺文社刊:2007年度版英検全問題集増刊シリーズ』が、こつこつと努力した学生にはチエル賞としてCHIeruロゴ入りのタンブラーがそれぞれ授与された。

25-3.jpg
『旺文社・英検CAT』の学習結果を再得点化した

e-Learningを指導の中に取り入れることについて、「思った以上に学生のアクセス回数が多く、授業時とはまた別の側面を見ることができた」と高野先生は振り返る。また、「学生たちの英語力を高める過程において、e-Learningの活用は効果的な学習支援の方法であると確信した」と強調した。

今回の表彰において評価の対象となった『旺文社・英検CAT』は、嘉悦大学において、2005年度から一部の学生に対する指定教材として採用されてきた。そして、今年度、"2007年度文部科学省による私学助成金"の補助を受け、英語を選択した1年生全員が利用できる教材として導入された。「英検をベースとした教材なので、高校までの学習内容とリンクしており、指導目的と合っている」というのが、その採用にあたっての大きな理由である。そこには、入学初年度には基礎力の定着に力を入れ、学年が上がるにしたがってTOEIC®テストなどの各種検定試験にチャレンジしてほしいとの考えが含まれている。

学生全員がノートパソコンを携帯し、学内に無線LANが完全整備されている嘉悦大学―ICTを"日常のもの"として取り入れた大学の中で、e-Learningは、学生を支援する有効な道具の一つとして活きている。

経営経済学部 准教授 髙野 秀之先生

この記事で使われている製品

この記事に関連する記事