公開日:2008/09/29

堀田龍也の心に響く名言集

堀田龍也連続インタビュー第1〜6回・ダイジェスト【教育の情報化編】

チエルマガジン第3号を皮切りに、チエルWebマガジンにて集中連載した、
堀田龍也先生(独立行政法人メディア教育開発センター准教授)の
連続インタビュー「これでわかる『教育の情報化』」。
ICT活用のススメや情報活用能力の育成、情報モラル教育や効果的な研修方法など、
さまざまな話題について語っていただいた。
今回は、全6回のインタビュー記事から印象的かつ象徴的な言葉を抜粋したダイジェストをおおくりする。

第1回【教育の情報化って何?】

—— 社会は大きく変化し、私たちの生活も「情報化」されています。「教育の情報化」は必然であり、避けて通れない道です。
 では、「教育の情報化」とは何でしょうか? 私は、大きく2つに分けられると考えます。一つが、「授業中の情報化」。そしてもう一つが、「授業中以外の情報化」です。

—— 授業でICTを使うのは、子どもへの「教え方」を向上するのがねらいです。教える内容まで変える必要はありません。
 授業でICTを使うのは、普通教室での教科授業を、よりわかりやすく改善するのが目的。子どもへの「教え方」や「指導方法」を、ICTによって工夫・向上するのがねらいです。教える内容まで変える必要はありません。今まで通りでもいいのです。

—— 「情報教育」を一言で言うなら、「情報社会を生きるために必要な力を養う教育」と、まとめられるでしょう。
 情報社会を生き抜くには、氾濫する情報の荒波から必要な正しい情報を見抜き、整理し、そしてさまざまなメディアを使ってわかりやすく上手に伝える力が欠かせません。

—— 教師は授業の準備や校務に追われています。限られた時間を効率的に使うには、「授業中以外の情報化」が欠かせません。
 ICTを使うことで、授業のねらいに合致した最適かつ効果的な教材を、従来よりも短時間で準備できるようになってきています。

—— 保護者や地域の方々が「学校では今日こんなことを学んだのか」「今こんな学習活動をしているのか」と知ることで、学校との距離感が縮まり、信頼関係が生まれます。
 ホームページやブログを使えば、日々の出来事をリアルタイムで発信できます。紙のプリントに比べて発信の手間もコストもかからないので、教師の負担も軽減され、頻繁な発信が可能になります。

—— ICT環境の整備は、自治体によって格差が生じて来ています。この格差を是正するには、教育の情報化の成功事例を広め、その効果や大切さを知ってもらうことが大切です。
 「教育の情報化は必要なんだ」と実感すれば、自治体も予算を投入して力を入れるようになり、格差もやがて無くなると考えています。

第2回【ICT活用で、わかる授業を!】

—— 口で説明しただけではわからない子どもが、ICTを使って大きく見せるだけでわかるようになる。「百聞は一見にしかず」、です
 大きく見せなくても知的能力の高い子どもはわかります。でも、見ないとわからない子もいる。そういった子どもたちが勉強についていけず、自信を失い、学力崩壊を起こし、社会問題にまでなっているのです。

8_01.jpg
子どもの書いたワークシートを、実物投影機で大きく映す。ICTを使えば、情報の共有を確実に、効果的に行える。※写真協力:宮城県登米市立北方小学校 

—— 授業でのICT活用で特に効果があるのは、次の3点。「繰り返し見て、覚える」「情報を共有する」「教室にないものを見せる」です。

—— 世界的に見ても、日本の教師は教える技術がとても高い。ICTを食わず嫌いせずに、まずは使ってみてください。
 今まで培ってきた授業方法や技術を捨てる必要はありません。授業方法のレパートリーの一つに、ICTを付け加えればいいのです。使えば、効果を実感できますし、今や上手に使いこなしているベテランの先生もたくさんいます。

第3回【ICT活用を広める研修】

—— 「ICT活用の研修」と銘打って、「データベースの作り方」や「エクセルのマクロ機能の使い方」といった難解な内容を教えるケースが未だに後を絶ちません。私に言わせると、まったくのナンセンスです。
 普通の教師が、授業でデータベースを作ったり、マクロ機能を駆使したりしますか? しかもこういった研修を受けると、「やっぱりICTは難しい」「こんなの必要ない!」と、苦手意識や拒絶反応をさらに強めてしまう。これでは逆効果ですよね。

—— 研修で大切なのは、「ICT機器って簡単なんですよ! そして授業を楽にするんですよ!」と先生方に伝えること。苦手意識や抵抗感を払拭することなんです。
 「難しくなんてないですよ。ビデオの録画予約をするより、ずっと簡単ですよ」と伝え、まず先生方の思いこみを取り払いましょう。

—— 「授業の仕方」を研修すればいいのです。「ICTを使って、何をどう教えるか」を研修のメインに据えるのです。
 ICTの使い方だけに限定する必要はありません。発問や板書についても議論し、授業の進め方そのものを研修すればいい。その方が有意義ですし、先生方ものめり込みます。

8_02.jpg
教師が生徒役となって模擬授業を受け、「授業の仕方」を学び、議論しあうのが、研修のあるべき姿。※写真協力:富山市立山室中部小学校 

—— 授業の仕方を学べる研修にするには、「模擬授業」スタイルが最適。パソコン教室ではなく普通教室で、そこにあるICT機器を使って模擬授業を行い、みんなで議論するのです。
 時間は短くてもいい。むしろ短い時間の研修を、何回も開催した方がいいですね。15分から20分程度が目安です。

—— こういった研修には、二次的な効果もあります。教師間の情報共有や情報交換が活発化し、学校全体の授業力が底上げされるのです。
 ベテランの先生は若い先生に授業計画や指導方法のコツを教え、逆に若い先生はICTの使い方をアドバイスする。みんなで知恵を寄せ合い、力を合わせて、いい授業を作ろうという雰囲気が生まれ、教師の授業力も子どもの学力も伸びています。

第4回【教科の中で情報活用能力を育てる】

—— 私たちが子どもの頃は、「情報活用能力」がなくてもそれほど困りはしませんでした。手にした情報を、そのまま信じてもいい時代だったのです。
 しかし、インターネットの普及で誰でも簡単に情報を発信できる時代が到来し、マスコミや企業などが発信する信頼性の高い情報と、個人が発信する信頼性が低いかもしれない情報とが、玉石混交になってしまいました。今や情報の海は混沌状態になっています。

—— 子どもたちにしっかり「情報活用能力」を教えなければ、子どもの将来、ひいては日本の未来をも危うくします。
 氾濫する情報を取捨選択し、吟味し、正しい情報を見抜く力がなくては、現代社会を生きていけません。時代の変化が、「情報活用能力」の重要性を高めたのです。

8_03.jpg
資料のイラストから、より多くの情報を読み取る力を鍛える。辞書の使い方を学び、日々使う姿勢を育てる。これも、情報活用能力を育てる授業の一例だ。※写真協力:静岡県静岡市立森下小学校

—— 情報活用能力は、インターネットで流れる電子情報を扱う力や、ICT機器を使って伝える力だけを指しているのではありません。
 インターネットやICT機器を使った情報収集・整理・表現方法を育むことももちろん大切ですが、教科書や辞書、新聞、書籍などの旧来のメディア、そして作文やスピーチといった昔からある表現方法を使いこなす力も含まれているのです。

—— では、情報活用能力をどうやって授業で教えればいいのか。難しく考える必要はありません。教科の特性に合わせて、鍛える力や場面を設ければいいのです。
 書いたり発表したりする力を鍛えるには、国語科が向いています。調べる活動は社会科に取り入れやすいですし、算数科では集めた情報をグラフや図に整理してわかりやすく伝える力を鍛えられます。各教科のねらいや活動に沿う形で、少しずつ育んでいけばいいのです。

第5回【子どもたちを情報社会の影から守る】

8_04.jpg
授業の一場面で使うフラッシュ型教材は、共有・活用しやすい教材の一つ。授業の冒頭などで繰り返し取り組むだけで、知識の定着が進む。※写真協力:札幌市立屯田南小学校

—— 情報社会ならではのトラブルや犯罪が大きく報じられ、人々は情報社会の「影」に怯え始めています。しかし、「光」と「影」の両方を抱えているのは、情報社会だけではありません。たとえば、「クルマ社会」を考えてみてください。
 クルマは「便利な道具」であると同時に、「走る凶器」でもあると社会全体が認識し、「光」を享受しながら「影」の脅威を少しでも減らそうと、インフラや教育、法律、技術などさまざまな角度から努力した結果、今のクルマ社会がある。情報社会もこうなるべきだと、私は思います。

—— 今は、情報社会の”過渡期“なのです。
 情報技術の発展スピードに社会が追いつけていない。その結果、インターネットや携帯電話がらみのトラブルや犯罪といった、情報社会の”交通事故“が続発しているのです。

—— インフラや技術の整備に頼るだけでは、事故はなくなりません。だからこそ、教育が必要なのです。
 交通安全教育と同じように、学校と家庭で教育を行い、自分の脚で情報社会を歩ける子どもを育てていくのが、我々大人たちの使命ではないでしょうか。

第6回【教師”総がかり“で教育の未来を切りひらく】

—— 教師たちは、昔と同様、一生懸命頑張って、社会の要請に応えようとしています。しかし、このままでは、教師はパンクしてしまいます。
 現代社会の変化に対応するには、今まで通りのやり方にこだわらず、教育現場も変化する必要があります。

—— 「通知表は手書きした方がぬくもりが伝わる」という意見があることも承知していますし、確かにその通りだとは思いますが、手書きする手間がかかって子どもを指導する時間が減ったのでは、本末転倒ですよね。
 それよりは、校務の情報化で作成の手間を効率化し、より濃い中身を追求すべきではないでしょうか。

—— 教師も積極的に情報社会のメリットを享受してほしい。情報社会ならではの力を、活用してほしい。
 その典型的な例が、「教材の共有」です。インターネットが普及した今、北海道の教師が作った教材を、九州の教師が借りて使うことも簡単にできるようになりました。

8_05.jpg
実物投影機、プロジェクタ、そして優れたICT教材を活用すれば、よりわかりやすい授業を実現でき、子どもたちの理解も深まる。※写真協力:宮崎県三股町立勝岡小学校

—— 人が作った教材を使っても、個性は失われません。人と同じ教材を使っても、同じ授業には絶対になりません。
 むしろ教材の共有化は、今まで以上に教師の個性を伸ばすと思います。優れた教材に触れ、活用することで、自分の授業を見直し改善
する機会が生まれる。教材作成の効率化が図れたことで、空いた時間を授業研究や指導に回せるのです。

—— 教師同士、学校同士でネットワークを築き、知恵を結集して”総がかり“で子どもたちの未来を切りひらいてほしい。
 それがこの情報社会に生きる教師の使命だと思います。
順番を待っていては、貴重な時間が無駄になってしまいます。
 自分のスケジュールに合わせて自由に作業できてこそ時間を有効に使えるし、効率化も図れる。そのためには、一人ひとりに専用のパソコンが整備されるべきです。
 校内LANやグループウエアなどの管理ソフトといった、仕組み作りも欠かせません。校務書類や個人成績などの情報をネットワーク上で共有し、入力した情報が即座に反映されるといった、「紙」では得られないICTならではのメリットがないとみんな使いませんし、情報化する意味がありません。
 個人情報保護の観点からも、ネットワークの構築や使用ルールの策定といった仕組みづくりがとても重要です。たとえば成績処理に関する情報取扱ルールを決めて、それを実現できる環境を整える。パソコンで成績処理するところまでは同じでも、人によって紙にプリントアウトしたり、USBメモリに保存したり、自宅にメールで転送したりとバラバラでは、個人情報が危険にさらされます。統一されたセキュアな環境を整備してこそ、個人情報の安全も守られるのです。
 せっかくネットワークを作っても、みんなが好き勝手に使っていたのでは、効率化も進みません。「一番新しいファイルは、どのフォルダに、なんて名前で保存しました?」と尋ねて回るなんて、ナンセンスですよね。

自治体によって「格差」を生じさせないためには…

 「授業中の情報化」と「授業中以外の情報化」。この2つを実現するために、国はICTの整備と政策づくりを進めています。教師1人1台のパソコンと校内LANの整備を進め、ICTを活用した授業の成功事例を公開して普及を図り、教員のICT活用指導力の基準を明確化するなど、数々の取り組みを行っています。
 ただ、国がいくら旗を振っても、県や区市町村といった自治体が動かなければ、公立学校の環境整備は進みません。今や日本も地方分権の時代ですから、各自治体が独自に判断して注力する点を決めるのは当然なのですが、その結果、自治体によって格差が生じて来ています。
 たとえばA市の小学校はICT環境が整い、授業でもICTを活用してわかりやすい授業を行い、校務の効率化も進み、ホームページで情報発信を行っている。その一方で、B市の小学校は依然として黒板とチョーク主体の授業を行い、増え続ける校務に追われ、情報公開も進んでいない。こういった格差が出てきています。
 A市とB市のどちらがいいか、考えるまでもありません。私たちが暮らしている社会自体が情報化し続けているのですから、教育の情報化は必然です。
 格差を是正するには、教育の情報化の成功事例を広め、その効果や大切さを知ってもらうこと。「教育の情報化は必要なんだ」と実感すれば、自治体も予算を投入して力を入れるようになり、格差もやがて無くなると考えています。

Profile

堀田 龍也(ほりた・たつや)

独立行政法人メディア教育開発センター准教授/文部科学省初等中等教育局情報教育参事官付・参与
東京都公立小学校教諭、富山大学教育学部教育実践総合センター助教授・静岡大学情報学部助教授等を経て現職。
主な研究テーマは、学校現場(特に小学校)における情報教育の授業研究、カリキュラム開発、学習環境設計など

 

この記事で使われている製品

この記事に関連する記事