公開日:2008/09/26

『青少年ネット規制法』への対応策

 2007年12月には、総務省から携帯電話事業者へ「利用者が18歳未満の場合には、フィルタリングサービス原則有効とする要請」(※1)が出されました。2008年6月には『「青少ネット規制法(※2)』」が成立するなどインターネットや携帯電話の有害サイトから子どもを守るための動きが活発化しています。
 しかし、そのような動きに反して、「学校裏サイト」、「プロフ」、「掲示板」などを舞台として子どもたちが加害者・被害者になる事件も依然として報道されています。
 全国約20000校の学校への導入実績があり、日本PTA全国協議会推奨製品であるInterSafeを提供しているアルプス システム インテグレーション株式会社の池田泰代氏にお話を伺いました。

子どもたちの身近にある
インターネットの有害情報

 弊社ではフィルタリングソフトを提供しているメーカーとして学校や教育委員会などでの啓発活動を行っています。昨年度は全国で約50件の講演を行いました。また、最近では保護者の方向けにお話する機会に加え、子どもたちに説明する機会も増加しています。
 インターネットのルールとマナーなどの説明を行った後に、子どもたちから迷惑メールやウイルスについて具体的な質問を受けることもあり、子どもたちの身近なところに有害情報が存在しているということ強く実感する機会もあります。また、学校の先生方からは、ブログや掲示板でのささいな悪口がトラブルになってしまったケースなどを相談されるケースも増加しています。

有害サイトから子どもたちを守りたい!
365日24時間体制でデータベースを収集

 昨年12月に発表された総務省からの要請では利用者が18歳未満の場合には、フィルタリングサービス原則有効とすると発表され、フィルタリングの利用者も増加しています。ALSIおよびネットスターは2005年より、携帯電話における有害サイトアクセス制限サービス、迷惑メール対策のために携帯電話全5社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・モバイル以上敬称略)にURLリストを提供しています。携帯電話、パソコンのインターネットの有害情報から子どもたちを守るために40名の専任リサーチャーが365日24時間体制でURLデータベースの収集を行っています。

5年連続マーケットシェアNo.1
国産Webフィルタリングソフト「InterSafe」

 データベースの精度の高さはもちろん、教育現場のニーズに対応した機能により「InterSafe」は多くの教育機関で利用されています。「情報発信が可能なWeb2.0カテゴリの細分化」、「書き込みが可能な設定の一覧を確認できるポリシーチェック機能」、付属の「LogLyzer」を利用して生徒の利用履歴を確認するなどの機能が高く評価されています。

サーバが不要で簡単に
Webフィルタリングを導入できる「InterSafe CATS」

 新製品「InterSafe CATS」はサーバ導入が不要でコスト削減を実現できるASPタイプ。従来のフィルタリング機能に加え、Winnyやメッセンジャーの利用を制限し、子どもたちの情報を守ります。2008年6月に可決された「青少年ネット規制法」の影響もあり、子どもたちがインターネットを利用する図書館などの公共施設などにも導入されています。

ALSIはフィルタリング製品と啓発活動を通じて子どもたちを有害情報から守る取組みを行って参ります。
※1 正式名称「青少年が使用する携帯電話・PHSにおける有害サイトアクセス制限サービス(フィルタリングサービス)の導入促進に関する携帯電話事業者等への要請」
※2 正式名称「青少年が安心してインターネットを利用できる環境の整備などに関する法律案要綱」

青少年が安心してインターネットを利用できる環境の
整備などに関する法律案要綱

第一 総則
四. 国及び地方公共団体の責務
 青少年が安全に安心してインターネットを利用することが出来るようにするための施策を策定し、及び実施する責務を有するものとすること。
第三 インターネットの適切な利用に関する教育及び
   啓発活動の推進など
一. インターネットの適切な利用に関する教育の推進等
1 国および地方公共団体は、学校教育、社会教育及び家庭教育におけ るインターネットの適切な利用に関する教育の推進に必要な施策を講 ずるとする
2 国及び地方公共団体は、青少年のインターネットを適切に¥活用する 能力の習得のための効果的な開発及び普及を促進するため、研究の 支援、情報の収集及び提供その他の必要な施策を講ずるものとする

持ち出しPC、サーバのない環境でも
フィルタリングを実現!

Client Any Time Security InterSafe CATS
■遠隔地でも安心
 InterSafe CATSはインターネットを経由してサーバ、データベースの運用を行います。
 ベンダーからサポートを受けたり、機能・運用に関して質問したりする時でも管理画面はインターネット上にあるので、電話での対応も可能です。
■コスト削減
 InterSafe CATSは管理サーバ、データベースサーバを弊社にてご用意いたします。高精度なWebフィルタリングを実現しつつ、サーバの運用・保守などのコストを削減します。
■グリーンITをサポート
 サーバ不要なため、電力コストを削減しグリーンITを支援します。

この記事で使われている製品

この記事に関連する記事