あなたの学校の情報セキュリティをより確かなものに!

教育現場のセキュリティには 二重、三重の安全対策が望ましい

P26-01.jpg
導入や運用管理が簡単で、トラブルにも強い
InterScan Gateway Security Appliance(IGSA)

 インターネットを使った調べ学習や電子メールを介しての学校間交流、専門家への取材など、授業にもネットワークを活用できるようになりました。こうした学習活動は、子どもたちの視野を広げ理解を深めるだけでなく、主体的に学ぶことの喜びを与えてくれるので、先生方にとってもぜひ採り入れたい学習形態のひとつです。けれども、ネット社会の現状を考えると、学校外との情報のやりとりには慎重にならざるを得ません。
 そこで各地の教育委員会では、安心してネットワークを活用できるように、教育用のイントラネットを構築し、教育センターなどで一括したセキュリティ対策を施しています。また、パソコン室のクライアント(生徒機)にもセキュリティ対策ソフトが導入されています。システムを破壊するコンピュータウイルスや、子どもたちが有害ページにアクセスするリスクは、これらの対策でほぼ回避することができます。しかし最近は、スパイウェアやフィッシング(※)など、Webページにアクセスしただけで個人情報を盗まれるなどの被害に遭うケースが増えています。こうした状況のもとでは、さらにガードを固め、学校単位でも更なるセキュリティ対策を施すことが望まれます。
 そこで、チエルマガジン編集部が注目しているのが、トレンドマイクロ社のInterScan Gateway Security Appliance(以下「IGSA」)です。

ウイルスやスパイウェアに感染しても自動的に修復する

P26-04.jpg

 ネットワークの出入り口で、集中的にリスクを取り除くセキュリティ対策を施す、というのがIGSAの基本コンセプトです。ウイルス、スパイウェア、スパムメール、フィッシングなど外部からの脅威にはすべて対応し、コンテンツフィルタリング、URLフィルタリングの機能も備えています。IGSAについて、学校に導入する一番のメリットは何か、トレンドマイクロ社の岡本元央さんにお聞きすると、つぎのように教えてくださいました。

P26-03.jpg

 「この製品は、ユーザのコンテンツを守るための製品です。すでに各学校にはファイアウォールが設置されていると思いますが、その内側にセットするだけでよく、IPアドレスなどの設定を新たに書き換える必要はありません。LANに使用するハブと同じ感覚で設置していただければOKです。つまり、導入がすこぶる簡単である、ということが先生方には第一のメリットだと思います。第二のメリットは、障害に対する強さ、復元力です。IGSAは透過型なので、万一IGSAのハードウェアが故障しても、ネットワークが機能しなくなることはありませんし、仮に内蔵のハードディスクに障害が発生しても、ディスクレスモードで稼動を続けることができます。また、クライアントがウイルスやスパイウェアに感染したときは、IGSAがそのクライアントに修復するツールをダウンロードするようにうながし、自動的に感染前の状態に復旧する機能も備えています」
 たとえインターネットに出ていかなくても、イントラネット内の他校や個人に、流出しては困る情報や、不適切な発言を含んだメール等が流出していく心配はどうしても残ります。IGSAは、教育用イントラネットのセキュリティだけでは不安を覚える先生方に、一層の安心を提供し、ネットワークを活用する円滑な学習活動をしっかりと支える製品だと言えるでしょう。

※スパイウェア……他人のコンピュータに入り込み、そのユーザの個人情報を探り第三者に転送するプログラム。 フィッシング……ネットショッピング業者などを装い、インターネットユーザから個人情報を盗む詐欺行為。

お問い合わせ先:
トレンドマイクロ株式会社 東京本社
〒151-0053 東京都渋谷区代々木 2-1-1 新宿マインズタワー
TEL: 03-5334-3601(営業代表) FAX: 03-5334-3639

 

エンタープライズマーケティンググループ プロダクトマーケティング課 プロダクトマーケティングマネージャー 岡本 元央 様

この記事で使われている製品

この記事に関連する記事