教育とICTニュース提供

公開日:2019/06/04

授業で役立つ教育用タイマーアプリ「AC Timer」

 日本インフォメーションは2019年6月4日、教育用タイマーアプリ「AC Timer」を発表した。対応機種はiPhone、iPad。iOS 10以降に対応している。価格は無料だが、アプリ内課金あり。App Storeにて購入できる。
 日本インフォメーションは、iPadで使用する授業支援ツール群「アシストクラス」シリーズを展開している。これまでに、写真やPDFなどの資料に付箋を貼れる「AC Flip」「AC Flip Pro」、iPadを使って問題やテキストの配布、回収、返却などができる「AC Answer」、iPadやiPhoneを使って暗記カードやフラッシュカードを作れる「AC Flash」などを提供している。
 「アシストクラス」シリーズの第5弾として、教育用タイマーアプリ「AC Timer」をリリースした。同アプリは、iTeachers Academyの理事・事務局長である小池幸司氏が監修。タイマーはいくつかの「タスク」から構成され、タスクごとに通知を行うことができるため、プレゼンや授業の時間配分を正確に知ることができる。
 画面を分割して2つのアプリを同時に表示できる「Split View」に対応しており、ほかのアプリと組み合わせて利用することもできる。また、通常のデジタルタイマーに加えてアナログタイマーでの表示も可能。アナログタイマーでは、タスク全体に対する進捗状況をひと目で確認できる。
 Apple Watch対応で、タイマーの選択・タイマーの開始終了の操作がApple Watchからできる。Apple Watchの通知はバイブレーションで行われるため、音の出せない状況でも時間を正確に把握することが可能だ。
 タイマーはQRコードに変換して保存することができるため、変換したQRコードを印刷して掲示しておくだけで、異なる端末間でも簡単にタイマーを共有できる。
◆AC Timer
対応OS:iOS 10以降
対応機種:iPhone、iPad
価格:無料
アプリ内課金:タイマー作成無制限(最初の3か月間120円、通常840円)