教育とICTニュース提供

公開日:2019/01/11

経産省、第5回「未来の教室」とEdTech研究会1/21開催

 経済産業省は2019年1月21日、第5回「未来の教室」とEdTech研究会をベルサール六本木グランドコンファレンスセンターにて開催する。傍聴の申込みは、Webサイトにて1月17日まで受け付けている。
 2018年6月に公表された「未来の教室」とEdTech研究会の第1次提言は、研究会やワークショップにおいて議論した内容を踏まえ、委員・専門委員や現役の中高大生たちの考える2030年ごろには「日本全国でこんな学び方が当たり前になっていてほしい」と考えるイメージについて、日本で実現するために解決が必要になる諸課題などを並べたもの。経済産業省はこれに基づき、新しい学びの社会システム「未来の教室」の実現のため、EdTechの活用による新たな教育プログラムの開発などに向けた実証事業に取り組んでいる。
 第5回「未来の教室」とEdTech研究会では、実証事業の成果を検証するとともに、第2次提言に向けたさらなる議論を進めるために開催。今回より新たに、ICT CONNECT 21会長の赤堀侃司氏、民間教育団体連絡協議会幹事長の安藤大作氏、英進館代表取締役社長の筒井俊英氏、聖心女子大学文学部教育学科教授の益川弘如氏の4名の委員を追加する。
 傍聴の申込みは、Webサイトにて受け付けている。締切りは1月17日。希望者多数の場合は抽選のうえ、落選者にのみメールで通知する。
◆第5回「未来の教室」とEdTech研究会
日時:2019年1月21日(月)15:00~18:00
会場:ベルサール六本木グランドコンファレンスセンター(東京メトロ南北線六本木1丁目駅直結)
締切:2019年1月17日(木)
申込方法:Webサイトにて申し込む
※希望者多数の場合は抽選のうえ、落選者にのみメールで通知する