教育とICTニュース提供

公開日:2017/09/14

【中学受験】灘学校長・雙葉校長が登壇「私学公開座談会」10/8

 毎日新聞社主催、日能研協賛の「第25回私学公開座談会」が、10月8日に日本大学経済学部本館で開催される。灘中学校・高等学校の和田孫博学校長と雙葉中学校・高等学校の和田紀代子校長が登壇し、私学が展開する教育実践を中心に議論の輪を広げていく。参加対象は小学生の保護者。
 2015年の国連総会において「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択され、その中で17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」が掲げられた。毎日小学生新聞と日能研もSDGsに注目しており、日能研はその一環として私学の活動と入試問題に焦点をあてた冊子を作成しているという。
 「私学公開座談会」では、「多様な世界とつながる学力」「未知なる未来でも生きる学力」を育てる私学の教育に着目し、実際に私学の先生を招へい。教育実践を中心に議論しながら、私学の教育の一貫性、革新性、その価値や魅力について理解を深める目的で開催する。
 10月8日に開催する第25回のテーマは「<多様・未知>とつながるチカラを育てる私学の教育」。当日は、灘中学校・高等学校の和田孫博学校長と、雙葉中学校・高等学校の和田紀代子校長が登壇する。
 参加希望者は、一般は日能研Webサイトから、日能研生は「MY NICHINOKEN」から申し込む。定員に達し次第受付を締め切る。なお、早期に満席締切となる場合もある。
◆第25回 私学公開座談会「<多様・未知>とつながるチカラを育てる私学の教育」
日時:2017年10月8日(日)14:00~16:15
会場:日本大学経済学部 本館(東京都千代田区三崎町1-3-2)
対象:小学1~6年生の保護者
申込方法:一般は日能研Webサイト、日能研生は「MY NICHINOKEN」から申し込む
※定員に達し次第締切
主催:毎日新聞社
協賛:日能研
後援:日本私立中学高等学校連合会、桜美林大学総合研究機構「教育未来研究プロジェクト」